読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【第1回】鳳瑛一について語らせてくれ

頼む。私の大好きな鳳瑛一について語らせてくれ。キモイとか言われても構わない、ほぼ壁打ちなので気にしない人だけどうぞ。

 

好きになった経緯とかアニメで汲み取ったものとか書いていこうと思う。ネタバレを含むがアニメ放映が終わりデュエソンも全て発売された今、ネタバレもクソもないと思うので遠慮なく書かせて頂く。よろしくお願いします。

 

第1回は出会い編みたいな感じで書きます。

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

そもそも私の推しの"鳳瑛一"という人は誰や?と思ってる人もいるかもしれないので簡単に説明をさせて頂く。

 

鳳瑛一(おおとりえいいち)

声帯:緑川光さん

身長→185cm . 体重→69kg

マジLOVE2000%放映時→23歳

HE★VENSのリーダーでありレイジングエンタテインメント社長・レイジング鳳の息子(長男)因みに次男の鳳瑛二は弟。

 

誕生日やらなんやらの詳しい事が明かされていないためにこの様な事くらいしか紹介できないのが心底悔しいのだがこういう人である。

 

私はこの鳳瑛一に2期初登場時に出会った。当時の私は他ジャンルのオタクをやっていてうたプリは知識として嗜む程度で毎週リアタイしていた。(因みにうたプリを初めて知ってから4年程経ったらしい。)

当時の友達みんながうたプリ嫁()だったが私はうたプリという作品がやんわり好きだっただけであってガチることはこの先ないだろうと確信していたしまさか2期中に2グループも増えるなんて事は予想できていなかった。

まさに電撃だった、初めて大画面で鳳瑛一を見たあの時を忘れない。私は爆笑した。インパクトが強すぎてめちゃくちゃ笑った記憶がある。なんだこいつらwwwwwwwと。然し落ち着いてビジュアルをよく見たらこりゃまたびっくり!私のもろタイプの人間だった。あっ私の推しはこの人だなと思ったし今後の展開があった際にはガッツしていこうと胸に誓った。

 

そこから少し経って2期が終わったあたりにタグを流そうと思って #うたプリクラスタと繋がりたい タグを漁ってみた。HE★VENSのオタクは当時流石に全然いなかったし初期集められるグッズといえばプリコネくらいで必死こいて集めてた思い出もある。(後はキャラメルキューブで非公式の同人缶バッジを集めていた。)

とにかく世間の目は冷たかったことを覚えている。当時HE★VENSが登場した時批判的なツイートばかりが目に入った。「HE★VENSはいらない」「HE★VENS担は無理」「鳳瑛一キモイ」「スタリとカルナイ以外は認めない」などなどまぁひどかった。お陰でタグは全く伸びずブロックされる事もしばしばでその後うたプリ垢を作ろうとは思わなかった。

 

そこからまたしばらくの間は特に展開もなかったので毎日HE★VENS GATEを聴きながら過ごしていたが正直今後HE★VENS活躍の場は無いだろうし、きっと一発屋として送り込まれたのだろうと思い意志の弱い私はスルスルと他ジャンルへと身を戻した。

少し経って相変わらずリアタイしていたうたプリ。3期放映時私の目にまたまたとんでもない光景が広がった。

HE★VENSや!!!!!!!/

めちゃくちゃ驚いた、生きていたのかという気持ちにすらなった。私はまたしても一人爆笑していた。だって三人だったグループがいつの間に七人になっていたのだから。登場のしかた的にもこれは今後メイン入りもワンチャンあるな!?そう思った。

それからまたちょっと経ったくらいにAJでHE★VENSの缶バッジが発売されるという噂を聞いて死ぬ程舞い上がったのを覚えているし無限回収するという事を謳っていたのも覚えている。

が、私はその直後くらいに三次元のオタクへと成り下がって二次元オタクから完全なる卒業をしてしまった為にAJ缶バッジを手に取る事は無かった。

 

まぁそれから月日は流れて2年くらい経って私は三次元オタク界隈に嫌気が差していた。そんな時にまた私の中に「二次元オタクに戻ろうかなあ」なんて考えが上がっていた。うたプリは相変わらず見ていたし瑛一さんが活躍する姿を毎週楽しみにしながら生きていた。

実際出戻るとした時うたプリかみんな大好きA3!とBプロのオタクになろうかと考えていた。(結局えすりは未だ推しが安定せずです。)

で、まぁ雑多垢みたいなのを作っていろんなキャラを載せたタグ画に色んな繋がりたいタグをつけて何気なく流して何気なく色んな人と繋がってみたけど全然絡まないし正直つまらなかった。当時仲のよかった友達もたくさんいたけど今更過ぎて覚えてないだろうと思い全て1から始めたために話せる人も全くいなかった。

だから何かの専用垢を作るべきだなと考えた私は一番にうたプリを思い浮かべた。けど前にHE★VENSのオタクが批判的だった過去を思い出して億劫になっていたりもした。軽い感覚でうたプリタグを漁ると当時0に近かったHE★VENSのオタクがたくさんいた。びっくりした。HE★VENSのオタクも受け入れられる時代が来たのか!!!と大変興奮した私は即座にうたプリ垢を作ることに決めた。

雑多垢で繋がっていたうたプリが好きであろう方々を一方的にスッとフォローし、雑多垢を消して一気にバイバイした。

そこから毎日ほぼ瑛一さんの事についてだけ呟き瑛一さんの事だけ見るようになって立派に鳳瑛一の夢女となった。

 

色々回り道はしたが今では瑛一さんが一番好きな人になった。今まで好きになった過去の本命キャラよりも確実に重い愛を注いでいる。私はくそ飽き性で有名だが瑛一さんでそれは最後にしたい。と、思っている。